光が丘興産株式会社様

※情報は取材当時のものです。


hikariLogo image

定型帳票出力の効率化、運用コストの削減、高度なデータ活用の実現などを目的に、他社のBIツールからExcellentへのマイグレーションを実行。既存の定型帳票の移行やユーザー向け教育の実施を含め、短期間かつ低コストでBIツールの刷新を実現した。


光が丘興産は1956年に前田建設工業のグループ企業として創業した総合建材商社である。「良い商品を提供して顧客の信頼を得る」という創業理念のもとに、現在は建設資材、輸入食品を中心に不動産、保険などの事業も多角的に展開している。1995年に開始した輸入食品事業ではオリーブオイル、ワイン、アンチョビを中心にイタリアからの食品輸入に力を入れるなど、時代のニーズに応じた新事業開拓にも積極的に取り組んでいる。


hikari_img_01 image

導入効果

  • 運用コストの大幅な削減
  • 定型帳票出力業務の効率改善
  • 新たな分析や他システムへの展開に期待

導入ポイント

  • 旧ツールの定型帳票の移行が可能
  • データ追加などに柔軟に対応可能
  • 前田建設工業で高評価を得ていたこと

導入背景

  • BIツールの機能を使いこなせない
  • 旧ツールのライセンス変更にコストがかかる
  • 帳票の変更に柔軟に対応できない


操作性とコストのバランスを重視しBIツールを見直し

caseStudyHeaderBar image

「これまで使用してきたBIツールは機能は豊富でしたが上級者向けのツールであり、エンドユーザーにとっては操作に迷う部分が多くて十分に使いこなすことができませんでした。そのため、定型帳票の出力に毎回手作業による加工が必要であり、非常に非効率でした。」
IT部門の担当者はBIツール見直しの背景についてこのように話した。

ツール見直しの要因として他にも、ツールの新環境への移行にはライセンスの買い直しが、ツール独自のメタデータのメンテナンスにはツールベンダーへの作業依頼が必要であることから、帳票の新規作成や修正、データ構成の変更などに迅速かつ柔軟な対応ができないことがあげられた。以上の課題に対応するべく、2013年3月の基幹システム一部改良を機にExcellent/FreeWayへの変更が決定された。


エンドユーザー志向の操作性と、コスト削減、将来の拡張性が導入ポイント

caseStudyHeaderBar image

新規に利用するBIツールの選定にあたっては、前述の課題を解決するために以下の3つがポイントとなった。

まず1つ目にエンドユーザー志向の操作性があげられる。この点については事前にシステム担当者およびエンドユーザーである営業部門の担当者がデモンストレーションを行うことで操作性を検証し、Excellent/FreeWayは高い評価を得た。特にそれまで手作業による加工が必要なことから半日から一日がかりだった定型帳票の作成がわずかな操作で自動出力できることが実証され、業務の大幅な効率化に強い期待が寄せられた。またコストパフォーマンスが高いPowerGresや現行システムで使用しているDataSpiderとの連携をサポートしていることも評価された。

2つ目にコスト削減があげられる。従前のBIツールはシステムの一部改良にともないライセンスの再購入が必要であること、また年間の保守費用やメンテナンスに費用がかかってしまうことが問題となっていた。Excellent/FreeWayはライセンスの購入費用だけでなく、年間保守料(製品定価の10%)も軽減できる。また製品のメンテナンスやデータ構成の変更に容易に対応できること、帳票の新規作成や変更もエンドユーザー自身で対応できることから、運用コストの大幅な削減が実現可能であるとの評価を得た。

3つ目は将来的なシステムの拡張性の高さだ。Excellent/FreeWayは新規のデータ追加や変更、データ構成の変更が容易にできること、またグループ単位のアクセス制御やユーザーインターフェースのカスタマイズができることから他業務や他部門への展開も容易であり、今後のデータ活用の拡張が可能であった。さらにグループ企業である前田建設工業から導入において高い評価を得ていることが、Excellent/FreeWayの導入を後押しすることになった。


マイグレーションサービスやユーザー教育も充実

caseStudyHeaderBar image

システムコンサルタントが提供するBIマイグレーションや教育研修などの周辺サービスの充実もツール選定の重要なポイントとなった。

「これまでのBIツールで作成した定型帳票の移行はもとより、DWHの構築やバッチ処理プログラムの移行などに関する豊富なノウハウと実績は、システムコンサルタントの強みだと感じました。」とIT部門の担当者は話す。


業務効率が劇的に改善、将来的なデータの高度な活用、他業務への展開に期待

caseStudyHeaderBar image

「Excellent/FreeWayの導入によって、営業部門で定期的に行っている報告書出力業務の作業効率が劇的に改善しました。」とIT部門の担当者は話す。半日から一日がかりの報告書作成作業は、担当者にとって大きな負担だった。この定例作業がほぼワンクリックでできるようになったことで、効率がアップするとともに手作業による入力ミスも皆無となり、報告書のデータの信頼性も向上した。

また「Excellent/FreeWayはコストと機能のバランスが非常に良いツールです。」というIT部門の担当者の評価から、従前のBIツールと比較して年間の保守費用を大幅に抑制することができたことがわかる。

将来のシステム展開について、IT部門の担当者は次のように話す。
「今後は情報系DWHに蓄積したデータのより高度な分析を実現し、Excellentの意思決定ツールとしての活用が課題となります。また現在営業部門のみで利用しているBIツールの他部門への展開もぜひ実現したいと思います」。


システムイメージ

caseStudyHeaderBar image hikari_img_02 image

会社概要

caseStudyHeaderBar image
hikari_img_03 image

光が丘興産株式会社の皆様


会社名 光が丘興産株式会社
設立 1956年10月
本社 東京都練馬区高松5丁目8番20号 J・CITY 17F
資本金 10億円
ユーザー 営業部門の約20名
URL http://www.jcity-hikari.co.jp/
サーバー Windows Server 2008
導入DB PowerGres on Windows V9.1

aboutExLink image

aboutFwLink image

aboutWqLink image