細やかなアクセス制御や
証跡ログで安全にデータを利用

FreeWayとは

FreeWayは、データベースへのアクセスを管理するソフトウェアです。
「どのユーザーをどのデータにアクセスさせるのか」といったユーザー認証・アクセス制御や「誰がどんな情報にアクセスしたのか」といった監査証跡の記録を実施し、Excellent / WebQuery ユーザーにセキュアなデータアクセス環境を提供します。


Windows・Redhat はもちろん、AIX・Solaris・HP といったOS上にもインストールできます。
サーバー上のデータベースに接続し、Excellent / WebQueryから発行されたSQLを実行してデータを取得します。
またOracle・SQLServer・DB2を始め、Puredata・Exadata・DB2/400・PowerGresといった様々なデータベースへの接続実績があります。

稼働環境の詳細はこちら >


※ Excellent / WebQuery をご利用いただく場合、FreeWayが必須になります。
 また、FreeWayは弊社BIツール用のソフトウェアとなります。

日々製品を使っているユーザーの声や最新バージョンの機能などを以下のサイトにて公開中!


WebQuery / Excellent / FreeWay
特設サイト





ユーザー管理


Excellent / WebQuery からログインするユーザーは、FreeWayで一括管理します。管理者はWebベースの管理ツールから、直感的な操作でユーザーの管理が可能です。

また、パスワードポリシー機能を利用すればユーザーに細かなパスワードのルールを設けることも可能ですので、安心してデータを閲覧する環境を提供できます。

更にLDAPやActiveDirecotryといった外部認証機能やシングルサインオン機能(※)も備えており、お客様の環境に併せた構築が可能となっています。

※ 外部認証・シングルサインオンについては、お客様の環境に併せた構築費用が発生する可能性がございます。


Webベースの管理ツールで、簡単設定


アクセス制御


ある支店の社員がシステムにログインした時、「その社員が所属する支店のデータだけを公開したい」といったケースはありませんか?

FreeWayでは、ユーザーやグループ毎にアクセスできるデータを制御することが可能です。

またユーザーの情報をデータの抽出条件として動的に設定することもできるため、管理の手間を最小限に抑えつつ、セキュアにデータを公開する環境をご提供します。


データへのアクセス制御も、GUIで直感的に設定可能



【DBユーザー毎のアクセス制御 イメージ図】

ドメイン機能で、DBユーザー単位でデータを公開

ユーザー1:売上管理データのみ閲覧可能
ユーザー2:売上管理と人事データ、両方閲覧が可能
ユーザー3:人事データのみ可能




【より詳細なアクセス制御 イメージ図】

ドメイン内のフィルター機能を利用すれば、
テーブル・フィールド・レコード単位のアクセス制御も可能

ユーザー1:フィルター1で定義されたテーブル・フィールド
ユーザー2:フィルター2で定義されたテーブル・フィールド
ユーザー3:フィルター3で定義されたテーブル・フィールド


監査証跡


FreeWayでは、「誰が」「何時」「どこで」「何を」「どうした」と
いったログを自動で記録することが可能です。

・システムログ
 稼働状況、エラー情報の記録

・ユーザーログ
 ユーザーのログイン・ログアウトの記録

・分析ログ
 ユーザーのSQL実行履歴を記録

・管理ログ
 管理ツールの操作を記録したログ


ログの ON / OFF、サイズや出力日数の設定も簡単に設定可能

主な機能



ー ユーザー管理
ー パスワードポリシー
ー アクセス制御(DBユーザー・オブジェクト・カラム・レコード単位)
ー 監査証跡ログ出力
ー SQL実行強制解除
ー 中間テーブル作成
ー 仮想ビュー作成
ー テーブル自動結合
ー マルチサーバー接続
ー マルチデータベース接続



まずは資料をみたい!

support and service download support and service download

製品パンフレットの他、導入時
・移行時に役立つ情報をご紹介

説明を聞いて操作したい!

support and service seminar support and service seminar

製品に精通した講師の説明を
聞きながら無料で操作を体験

製品について聞きたい!

support and service support and service

試使用やデモなど
詳細をご希望の方はこちら