BIツール 導入事例 株式会社ギンポーパック様

header case ginpo image

株式会社ギンポーパック様


ginpo_logo image

Web上で帳票を共有できるBIにWebQueryを導入。
売上資料や在庫状況確認の作業時間が約半分に。
工場では棚卸しでWebQueryMobileを活用。
人員と作業時間を大幅に削減し、
1日がかりだった作業を半日に短縮することに成功した。


株式会社ギンポーパックは、1972年設立の食品包装メーカーで、
企画・製造・販売を一貫して行っている。数々の特許製品と先端技術を活用した
ユニークな包材を通し、高品質な食品関連パッケージを提供している。
また電子レンジ対応容器をはじめとして『「容器」から「調理器具」へ』と掲げ、
新しい加工食品の分野を作り包装・パッケージの可能性を広げている。
更に新素材の開発により環境負担の削減を実現、新しい世紀に対応する新しい容器を
提案することで様々な問題に対して素材から取り組み、理想的なパッケージを求め研究している。

ginpo_img_01 image

導入効果

  • 資料作成の作業時間が大幅短縮
  • レポート機能による柔軟な分析
  • iPadからのデータ共有で作業効率の向上

導入ポイント

  • Webブラウザで帳票の共有と管理が可能
  • レポート機能によるデータの可視化
  • 帳票作成をサポートする機能が充実

導入背景

  • 売上情報や在庫情報といった資料作成の
    作業効率化を図りたい
  • 全社員が同じ帳票を使いたい


基幹システム再構築に伴い、BIツールの選定を実施

case_header_bar image

 ギンポーパックの旧システムでは、基幹システムのデータがOracle・DB2/400・SQLServerと複数のデータベースに分散されて管理されていた。 そのため、各々のデータベースに接続してExcelにデータを集約しその後加工。日々の売上情報や在庫状況の帳票作成を行っていた。 更に作成した帳票出力用のテンプレート処理は作成者個人で管理していたため、同じ様なテンプレートを複数人で作成していたケースもあったという。 基幹システムの再構築に伴い、複数に分散されたデータベースを1箇所に統合したのだが、その統合を契機として日々の帳票作成の更なる効率化を図るべく、 新しくBIツール導入の検討を開始した。


システムイメージ

case_header_bar image
ginpo_img_02 image


Web上で帳票を簡単に共有できるBIツールとしてシステムコンサルタントのWebQueryを採用

case_header_bar image
ginpo_img_03 image

 「旧システムでは、個人で定型帳票を作成していたのでノウハウも個別に管理されている状態だった。これに対し新システムでは、 こういった帳票作成のノウハウや帳票の管理を一元的に皆で共有でき、且つ簡単に帳票作成できる様な仕組みを導入し、 帳票作成や情報共有にかかるコストを抑えたい、というのがBIツールの選定を開始したきっかけだった。」と導入の背景を語ったのは、 経営管理部情報システムのチームリーダー横関優一氏だ。
 この要件の元でBIツールの選定を行った結果、システムコンサルタントのWebQueryが採用された。採用の理由として横関氏は 「ツール選定の条件であるWeb上での帳票共有ができたのは勿論、その帳票を作る上で便利な機能を多く搭載していたのもポイントだった。 例えば検索条件値を実行時に簡単に変えられたり、CASE文が簡単に作成できたりと、直感的にユーザーが使い易いインターフェースだと感じた。 その他のBIツールも比較検討したが、こういった点を考慮した結果最終的にWebQueryに決定した。」と述べる。


 また実際に利用していく中で改めて製品の利便性に気付いた点もあったという。経営管理部、同チームの新井文彌氏は 「例えば日々の売上や在庫情報を経営層が確認した後、別の切り口からデータが欲しい、と要望を受けることが度々ある。 キューブの様な中間データを作成せず直接DB上のデータを参照できるWebQueryは、定型帳票の情報を少し変更するだけで欲しい情報を得ることができる。 こういった利便性をのおかげで、今まで帳票作成にかかっていた人的コストが50~70%は減っているだろう。」と導入の効果を語った。


工場での棚卸し作業で WebQuery Mobile が活躍、棚卸し時の人員を約 1/3、時間を 約1/2 に削減

case_header_bar image
ginpo_img_04 image

 本社だけなく、工場でも WebQuery が活用されている。ギンポーパックでは年2回の半期毎に在庫の棚卸し作業があり、 同社の中でも重要な作業となっていた。横関氏は「人員も時間も必要とされる棚卸しは毎回一大イベントだった。 従来は倉庫の在庫を本社からの増員も含めて30名の社員が分担して確認し、その後結果を1箇所に集めて集計、 誤差があればまた各々倉庫に確認しに戻る、という繰り返し作業で在庫のチェックを行っていた。この作業を効率化出来ないか検討した結果、 ハンディ端末とiPad上で動作するWebQueryMobileを使った棚卸し作業を社内に提案した。」と活用のきっかけを語った。


 その方法だが、各個人がハンディ端末で読み込んだ情報をデータベースに転送、在庫情報を更新する。 その結果をWebQueryMobile上で確認することで倉庫に移動している社員がその場で在庫状況を確認、把握できるような仕組みとなっている。 これにより集計結果を1箇所に持ち寄って集計する手間がなくなった。手作業による誤差も無くなり修正する作業も減少、結果的に1日かかっていた作業が 半日に、人員は30名から12人に削減することに成功した。横関氏は導入の効果をこう話す。 「この仕組みを実現するため、ハンディターミナルには追加プログラムを作成したが、WebQueryMobileは別途ライセンスを必要としなかったため、 非常に低コストで実現出来たシステムといえる。iPadを用意してアプリをダウンロードするだけでWebQuery上の帳票を見ることができたので、導入も非常に簡単だった。」


WebQueryMobileを活用して在庫確認を簡便化

case_header_bar image
ginpo_img_05 image


今後も WebQuery Mobile の活用を促進、様々な業務で社内のペーパーレス化を目指す

case_header_bar image

 横関氏はWebQueryの今後の活用について、「iPad上で動作するWebQueryMobileを活用すれば、社内のシステムでペーパーレス化を更に促進できると思う。例えばピッキングリストをiPadに集約することで、紙出ししなくてもiPad上でリストを確認することが可能になるだろう。風でリストが飛ばされる心配も無くなる。また現在は1工場のみの運用だが、今後は別の工場でも実現していきたい。」と意気込みを語ってくれた。また「WebQuery導入前は帳票への要求に対してシステムが対処できないことの方が多かった。しかし今ではシステムとしては十分対処できる様な土台が構築できている。今後は更にWebQueryを活用する機会を増やし、業務を改善していきたい。」と抱負を述べた。



会社概要

case_header_bar image
ginpo_img_06 image

株式会社ギンポーパック
経営管理部 情報システムチームの方々
(右) チームリーダー 横関優一氏
(左) 新井文彌氏

        
会社名: 株式会社ギンポーパック
設立: 1972年11月27日
本社: 東京都千代田区神田須田町2丁目6番6号
ニッセイ神田須田町ビル3F
資本金: 3億6000万円
ユーザー: 本社および支店従業員・工場従業員
URL: http://www.ginpack.co.jp
サーバー: Windows Server 2008
導入DB: Oracle 11g

ex_link image

fw_link image

wq_link image




mail image

お問い合わせ

desktop image

動画をチェック

pdf image

資料ダウンロード

WebQuery logo

WebQuery


Excellent logo

Excellent


FreeWay logo

FreeWay


OS_ENV

動作環境


manual

マニュアル


caseStudy

導入事例


SeminarApplicattion

セミナー
お申込み

productNews image

パートナー