事例紹介

新日鉄住金エンジニアリング株式会社様 EX FW
住金ロゴ
OSのバージョンアップを機に、他社BIからExcellent/FreeWayに移行。
旧BIツールの機能に加え、+α な機能を備えていることが採用の決め手。
また業務に沿った手厚い技術支援により、ツールの移行もスムーズに実施。
住金紹介
新日鉄住金エンジニアリングは2006年に創業。新日鐵住金のグループ会社として、
鉄鋼生産設備や廃棄物処理設備などの産業機械・設備、
石油・天然ガス採掘プラットフォームなどのエネルギー関連設備・海洋鋼構造物、
物流施設やビルなどの鋼構造建築物の建設を行っている。
長年培ってきた設備技術や鋼構造技術をベースにしながら、市場課題に合致した
新しい技術を創造し豊富なノウハウを駆使して、お客様、社会のニーズに応えている。

導入背景

・クライアントPCのWindows7化に伴い
 既存のBIツールは未対応
・ユーザビリティやセキュリティ面において
 既存のBIツールでは不十分

導入ポイント

・エンドユーザーにおける操作性の良さ
・既に企業内の別システムでExcellentを
 利用しているという実績
・アクセス履歴の機能(ログ分析機能)

導入効果

・優れたユーザビリティで業務効率向上
・手入力の部分がシステム化され、
 人的ミスが減少
・監査ログやセキュリティ機能が充実

ユーザビリティとセキュリティに課題、Windows7への移行を機にツール見直し

見出し

「既存のBIツールではユーザーのパスワードポリシーといったセキュリティや詳細な監査証跡のログ管理といった部分で 社内コンプライアンスをカバーしきれず、自社の運用で対応していたという課題がありました。 またユーザーにツールについてヒアリングすると、ユーザビリティに関して様々な問題点が上がってきており、それらを解決する方法を模索していました。」と 課題を語ったのは、新日鉄住金エンジニアリングの山形氏だ。
 またそのBIツールがWindows7に対応していないことも大きな課題であり、これを機に既存のBIツールをバージョンアップするのか、 新しいBIツールの導入を検討するのか、決断する必要があった。更に「既存のBIツールをバージョンアップしても、 そのバージョンもサポート終了日時が少し先に見えていたこともあり、別のBIツールの導入を真剣に検討する様になりました。」と付け加えた。 そして2013年8月、これらの問題を解決するため、Excellent/FreeWayへのリプレースを決定した。

エンドユーザーの悩みを解消できるExcellent/FreeWayの導入を決定

見出し

 導入するBIツールの選定のポイントとして山形氏は次のように説明した。 「選定の条件は主に2つです。1つ目に、既存のBIツールと同等以上の機能性や操作性を備えていること。 そうでないと、検索結果が異なり業務に支障が生じます。また操作性が変わる事で教育や習熟が負荷となりエンドユーザから反発されます。 エンドユーザの理解を得る為に、ツールの機能性と操作性を重視しました。2つ目に、現状課題となっているセキュリティ面において機能が充実していること。 自社の運用でカバーしている部分をツール上で管理してコストを削減したいと考えていました。」  これらの選定条件の下、システムコンサルタントによる製品の提案が開始された。

山形氏は「デモやQ&Aにより、Excellentであれば業務要件(機能性)が満たされ、操作性にも違和感が無いと判断できたこと、 セキュリティ面の課題が殆ど解消できたことが選定のポイントとなりました。またExcellentならではの機能も選定の後押しをしてくれました。 例えば、レポート出力時の条件設定で条件値の候補が表示される事、大量パラメーターが外部ファイルとして指定できる事、 表結合の設定漏れがアラートされる事、等々、入力する手間や設定ミスのリスクをExcellentで削減できると感じました。 更にユーザーのログイン履歴や、誰がいつどんなSQLを実行したのか、という履歴も詳細に取得できるので、監査証跡についてもExcellent上で 一元管理できると考えました。」と振り返った。

BIツールの技術支援と勉強会で、ユーザー教育を実施、導入開始から僅か2週間で本番運用スタート

見出し

 まず既存のBIツールを使用したレポートの中から、業務で優先的に利用しているものを50本に絞った。 これらをExcellentに速やかに移行するため、情報システム部門が定期セミナーの受講やカスタマーサポートサービスを積極的に活用、 操作方法の習熟や課題をクリアして滞りなく移行を実施した。またシステムコンサルタントの担当者がツールを業務にフィットさせるべく常駐支援を実施した。 具体的にはエンドユーザの理解度を深めるために、製品の操作方法の説明や日々出力する帳票の作成方法や複雑なレポートの作成補助を行った (常駐支援は、導入開始とその翌月の2回実施)。

 その後システムコンサルタント立ち会いの元、技術支援を受けた担当者が各拠点のユーザーへ勉強会を行い理解度を深めた。 この様な教育を受けながら旧BIツールの定型処理の移行を実施し、導入開始から僅か2週間で本番運用を開始する事ができた。 山形氏は「BIツールは使い方を理解するまでに時間がかかるという印象でしたが、Excellentが備えているユーザビリティと、 手厚い技術支援によってスムーズに移行ができました。特に常駐支援でまとめたQ&A表は弊社の大きな資産になりますよ。」と語った。

課題はExcellentの浸透率を更に上げて効率化を促していくこと、現在はWeb上での簡易ダッシュボードも検討

見出し

 稼働開始後の効果について「こういったツールのリプレースのポイントは、移行後に如何に浸透させて、 ユーザーが自発的に扱って貰えるツールになるか、に尽きると思います。そういった意味で、短期間で使い方をマスターできるExcellentは今回の案件に最適でした。 一部のユーザーは旧BIツールを使い込んでおり、そういった方々への対応が今後必要だと認識していますが、Excellentならではの機能を掲示板に掲載して 情報を共有しています。 利用者からもExcellentは使い易いと聞いていますので、旧BIツールのユーザを巻き込むのも時間の問題だと思います。」と話した。 また「現在は、Web上でデータの可視化を共有できる簡易ダッシュボードの仕組みが経営層に求められています。 全てスクラッチで開発すると相当な工数がかかってしまいますが、WebQueryのレポート機能をポータル上に組み込めば、 コストを抑えてシステムの構築が可能ということで、そちらも検討している段階です。」と今後の活用に期待を寄せている。

システム構成イメージ

見出し システム構成イメージ

会社概要

見出し
プロフィール写真

新日鉄住金エンジニアリング株式会社
業務プロセス改革部マネジャー 山形一洋 氏

会社名: 新日鉄住金エンジニアリング株式会社
設立: 2006年7月
本社: 東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル
資本金: 150億円
ユーザー: 財務担当者の約70名
URL: https://www.eng.nssmc.com/
サーバー: Solaris
導入DB: Oracle

お問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00まで
03-3829-4411
24時間メールでのお問合せはこちらから
新規のお客様 資料請求
既にお使いのお客様 製品サポート
このページの先頭へ戻る